集客の悩みを解決!ココナラやクラウドワークスを使って収益化する方法

こんにちは、ダイチです。

今日はですね、ココナラやクラウドワークスで収益化をする方法をお伝えしようと思います。

 

この記事を読むと、集客の悩みを解決できますし、最初の実績作りも可能です。

 

もちろん長期的には自動で集客を行う仕組みを作りこむのですが、

最初のファーストステップの仕組み作りには最適ですので、

こちらを実践していただけたらなあと思います。

 

そもそもなぜこの記事を書こうと思ったかというと、

昔の僕がビジネスを難しく考えすぎていたな~って感じたんですよね。

 

というもの、この話を高校生でビジネスしている人に話したら、

「すげぇ、、、」

という風に言ってもらって、

 

ああ、そういえば昔は自分もこうやってなんもわからなかったよなあ、、、

と思い出したわけです。

 

てかちょっと話変わりますけど、高校生でちゃんと学んでビジネスやれてるの

羨ましいなあ、、、って感じてました、、、

僕も一応高校生で起業しましたが、ちゃんと学んでなかった事をめっちゃ悔やんでました。

 

くっそー!俺もあの頃から学んでたらもっと成長できたのによー!!!

みたいな、まあ良くあるやつです笑

 

すみません、話がそれました。話を戻しまして、、、

その高校生と話してて、この話は色々な人の役に立つんじゃないかなあと思ったんで書いた次第です。

 

では、さっそく中身に入っていきましょう。

この記事を見る前提概念、プラットフォームからシェアを奪う

以前僕が書いた記事の中で、プラットフォームから時間を奪うという概念を説明しました。

この手法はまさに、ココナラやクラウドワークスと言った

プラットフォームから時間を奪っているわけです。

 

なんのこっちゃだと思うので、、、

プラットフォームから時間を奪ってくるという概念は下の記事で書きました。

キッチリ概念を定義づけるために、先に読んじゃってください。

ビジネス初心者に見て欲しい!暇な時間をマネタイズするという思考を手に入れると、ビジネスは大きく発展する

 

読みましたか?笑

このまま進むよりも読んだほうが理解度が上がるので、

ぜひ読んでから先に進んで下さいね!

 

 

では、読んだ前提で続きの話をしていきますね。

早速僕がどうやって収益化をしているか書いていきます。

クラウドワークスで収益化するための考え方

僕はですね、クラウドワークスを使って外注さんを雇っているのですが、

その流れを抽象化すると、正解が見えてきます。

とりあえずどんな流れで収益化をしているかというと

 

  • 人を雇う
  • その人に仕事をこなしてもらう
  • 手法は物販にずらしており、収益化をしている

 

まあ要は、物販の外注さんを雇って

クラウドワークスでマネタイズをしているという事です。

 

では、この概念を抽象化すると、

 

  • 仕事を引き受けてくれる人を募集して
  • 信頼を獲得して(ここでずらしてる)
  • 収益化をする

 

こうなりますよね、あれ、なんかこれって見たことありません?笑

そうです、、、「集客・教育・販売」の流れそのものなんです。

 

という事は、フロントとバックを準備して、

後はお客さんが勝手に信頼してくれる仕組みを作れば、

収益化は簡単なわけですね。

 

 

そして、クラウドワークスと同様、ココナラでも同じことを行えば

必然的に商品は売れて行きます。

 

 

とはいっても「じゃあどうするんだよ?」となると思うので、

実際に僕が今やってる方法を、ココナラとクラウドワークスどちらもお伝えしていきますね。

ココナラとクラウドワークスで収益化する具体的な方法

まず、ココナラというサービスですが、

500円という手軽な金額で自分のサービスを売ることができます。

 

まずフロントとして、僕であれば

  • 無在庫転売のノウハウ
  • ライティングマニュアル

この辺を、ステップメールとYoutubeでコンテンツを作って自動化してます。

 

で、ですね、

購入してくれた人に登録してもらい、リスト取りをしながら

自動化したコンテンツで勉強してもらいます。

 

そのあと、ステップメールの最後で、

登録してくれた人の悩みを解決するような商品を紹介して、

バックエンドにつなげるという感じにしますね。

 

例えば、ライティングマニュアルの最後に

「ブログを戦略立てて自動化するともっと稼げるようになります」

みたいな感じで、バックエンドとして仕組みを作る戦略を売ったりとか。

 

後はライティングの技術を使って、どうやってマネタイズをしていくか

みたいなコンテンツも面白いのかなあと思います。

どうやって仕事を獲得して、どうやって単価をUPさせるのか、みたいな感じですね。

 

 

クラウドワークスも同じで、例えば僕であればブログ記事のレビューをお願いしますね。

そして、レビューしてくれた特典としてライティング教材を無料プレゼント、

その後、オファーにつなげていくという仕組みを作り上げます。

 

また、ライティング教材の説明で僕のブログ記事を使い、

僕のブログ記事に触れてもらうことで興味を持ってもらい、

ファンになってもらいやすい仕組みを作るという事もやりますね。

 

また、ライティングではありませんけど、僕の場合は

物販の商品を売ってきっちり収益化できたので、

仕組みを作ればしっかりと商品を買ってもらうことが可能です。

 

 

以上のように、フロントとバックエンドという考え方の元、

ひたすら組み合わせを行うことで、

どこからでもバックエンドに繋げる事が可能なわけです。

 

ぜひ、Twitterだブログだーと固定概念に縛られずに

柔軟に集客教育販売の仕組みを作ってみてくださいね。

 

僕もこれから、様々な入り口から人を集め、

僕と同じようにガンガン成長しまくっていくぜって人とビジネスするために

ドンドン行動していきます^^

---------------------------------------------------------------------

 

僕は20歳にして月収100万、最大では120万ほどを稼ぎました。

そして現在では、自動で入ってくる収入が30万~50万ほどあります。

 

こんな事を言うと怪しいですよね。

お前は才能があったからできたんじゃねーの?とも言われます。

ですが、僕はもともとビジネスが超絶上手かったわけでもなければ、

人と話すのが得意だったわけでも、

ましてや文章を書くのが得意だったわけでもありません。

 

そんな僕でも、稼いでみたら自信ついたし、

人の目を見て話せるほどにはなりました(昔は人の目を見れませんでした)。

また、ある理由で不登校で家に引きこもってニート生活をしてましたが、

改善しました。

プライベートが昔と比べると驚くほど充実しています。

 

このように書くと「異世界だな~」と思うかもしれませんが、

結局全て「慣れただけ」なんですよね。

 

どんな人でも慣れたら稼げますし、

学んでいけば自信を得る事も退屈な人生から脱却する事も出来ます。

 

僕ダイチがビジネスに慣れて、不登校でニート生活をしていたところから

どうやって稼げるようになったのかを下記記事では公開しています。

 

ダメダメ人生を逆転させた僕ダイチの理念はこちらから

 

---------------------------------------------------------------------

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です