ビジネス初心者に見て欲しい!暇な時間をマネタイズするという思考を手に入れると、ビジネスは大きく発展する

こんにちは、ダイチです。

今日はですね、暇な時間をマネタイズするという思考の重要性について

話そうかなと思います。

 

実は言語化出来ていないだけで、割と当たり前の知識であり、

ブロガーやYouTuber、インフルエンサーも使ってる方法だったりするんですよ!

 

ちょっと難しそうなタイトルなわけですが、簡単に言うと

「どれだけお客さんの暇な時間を奪って価値を提供できるか」

という考え方です。

 

まあ、具体的な事例を話さないとわかりにくいと思うので、

事例を話しながら考え方の説明をしていこうと思います。

暇な時間をマネタイズする、事例から学んでいこう

そもそもこの記事を書く理由にもなったんですけど、

今日の晩御飯をイオンに買いに行ったんですよね。

 

で、これ言ったら驚く方がいるかもしれないんですけど、

僕の家、部屋狭くて、、、レンジ無いんですよ笑

それで、買ったコロッケをイオンのレンジで温めてたんです。

 

そんな時にふと横を見ると、コーヒーメーカーがあったんですよ。

ファミマとかにある感じのやつ。いや~おいしそうだなあって感じで眺めてたんですけど、

なんとなく横を見ると、お菓子&デザートが置いてあったんですね。

 

今までだったら「あーなんかお菓子ある美味しそう~」で終わってたと思うんですけど、

今回は違いました! 見た瞬間に

 

あ、これってコーヒーが出来上がるまでの暇な時間をマネタイズしてるじゃん!!

 

って気が付いたんですよね笑

ちょっと嬉しさのあまり文字が大きくなりましたが、話を戻しまして、

いやぁ、この手法単純に上手いなと思いましたね。

 

コーヒー飲むときって、

なんかほかに甘いものを食べたくなるじゃないですか?

  • あ~コーヒー早くできないかなあ
  • おや、お菓子あるじゃんどれも美味しそうだなあ
  • あ、マドレーヌあるんだけど!食いてええええ
  • 安いし食っちゃお、、、
  • 「130円になりますありがとうございました~」

みたいな感じの成約を狙ってるのかなと。

 

もっと言えば、コーヒーメーカーに

「コーヒーに合うお菓子はこちら」

みたいな感じで、コーヒーに合うお菓子情報とかあれば

もっと成約率上がるのにな~とか考えてました。職業病ですね笑

 

まあ、お菓子がその人にとって良いか悪いかは置いといて、

買った人は必ず「コーヒーの時間がさらに楽しくなった」

という価値を感じますよね。

 

 

この考え方を、例えば僕が使うのであれば、

  • Twitterでいかに自分のツイートを見てもらえるか?
  • Youtubeでどうやったら動画を見てもらえるか
  • どうやったらブログに来てくれた人が時間使って学んでくれるか?

みたいな考え方をしますかね~。

 

 

例えば、その辺のおじさんがいきなり「勉強は大事だぞ!」と説教してきても

はぁ、、、わかりました。。。としかなりませんよね笑

ですが、尊敬する師匠が同じ事を言ったらどうでしょうか? 確実に身が引き締まりますよね。

 

そして、勉強は確実に自分自身の人生の宝になるわけなんで、

やはり勉強の大事さを伝えることは価値提供になります。じゃあ師匠にならないといけないですよね。

なら、「価値提供をするために師匠になるにはどうすれば良いのか?」という考えが自然と成り立ちますよね。

 

いわば、ビジネスって如何に相手の時間を奪って、そこに価値を提供するかという側面があると思ってまして

そのためにどうやったら時間を貰えて、どうやったら提案通りに動いて貰えて、、、

みたいな勉強が大事だったりします。

 

この概念を知ることが出来れば、例えば

「ブログは結論から書くべし」

という意見も、より理解が深まるのかなあと思います。

 

結論から書くと、伝えたい主張が相手にきっちりと伝わるし、

分かりやすいからこそ、記事の価値を理解してさらに読んでみようと思ってもらえて、

結果的に相手の時間を自分の記事に使ってもらえるわけです。

 

そしたら、自分の考え方に共感してくれたり価値を感じてくれたりして、

結果的に売り上げが上がるという事になります。

 

という事は、ブログのなかでも

「相手が時間を割いてくれやすい仕組みを作るにはどうしたら良いんだろう?」

とか考えたりすると、より改善点が浮かぶ気がしてきませんか?

 

例えば

  • 別記事のリンクを置いてみよう
  • 記事の中に動画を追加してみよう

というアイデアが浮かんできますね。

プラットフォームから暇な時間を奪うという発想をすると、より面白くなる

ブロガーやYouTuberが持つと良いのにと思う考え方の一つに、

「自分自身のプラットフォームを持つ」という考え方があります。

いわゆるメルマガですね。

 

 

■プラットフォームとは

プラットフォームとは、人が集まっている空間の事を一般的に差しますが、

ここでは「支配者がルールを握っている場」と定義します。

 

つまり、個人が自由にビジネスを展開することは不可能であり、

場の支配者の絶対的なルールにそぐわないビジネスは、

問答無用で弾圧され、ビジネス継続を不可能とする場、それがプラットフォームです。

 

この考え方をもって、今後の記事を読んでいただきたいです!

 

 

なぜメルマガなのかというと、簡単に言うと

「お客さんのメール情報をリストとして手に入れる事が出来るから」

です。

 

例えば、Twitterは凍結してしまうと、そのアカウントのフォロワーは基本的に

無いものと同じ状態になります。つまり、リストが消滅するのです。

 

また、SEO依存のブログアフィリエイトも同じです。

SEOから集客できなければ、ブログにアクセスがこなくなり、

リストが取れないことと同義になります。

 

ですが、メルマガは違います。

 

メルマガはプッシュ型のメディアであり、こちらからアプローチできるという最強の矛と同時に、

メールアドレスさえあればいつでも商売ができるという、盾の役割も担っています。

つまり、メルマガをやれば、お客さんのリストを無くさずに済むわけです。

 

だからこそ、メルマガという自分のプラットフォームで、きっちりとお客さんと信頼構築をし、

究極的に「メルマガスタンド(マイスピー等)がなくなっても商売ができる状態」

を作り上げる必要があるのです。

 

 

僕は転売をやってたのですが、その時にアカウントが死んで、

プラットフォームに依存する事の危険性をめっちゃ感じたんですよね。

「俺の月収吹き飛んだんだけど。。。」みたいな。

 

いや~これ経験したらわかると思うんですけど、かな~りしんどいです。

メンタル折れますw

 

軽く書いてるんですけど、吹き飛んだときはまじで1日中頭真っ白状態でした。

俺のビジネス人生終わった、、、ってまじで思いましたね、良い思い出です笑

 

 

イメージしにくい人は、

例えば、フォロワー10万のアカウントが凍結したら?と考えるとわかりやすいかもです。

または自分の稼いでたブログがSEO圏外に飛ばされたとか。

 

もちろん、これくらいのインフルエンサーであれば、復活すれば拡散で

すぐにフォロワー復活するとは思いますが、

やはり凍結したときって頭真っ白になると思うんですよ。

 

そんな時に、Twitterというプラットフォーム以外に自分のプラットフォームがあれば

「みんなー、Twitter凍結したからこっちフォローしてね~」

で終わりです。なんと安定しているでしょう。

 

だからこそ、自分のプラットフォームを作るべきであり、それはつまり

「Twitterなどのプラットフォームの時間を、自分のプラットフォームに引っ張ってくる」

という行為なわけです。

 

この考え方が出来ると、よりお客さんの声も聞きやすいため、

結果的にお客さんの欲しいサービスがわかりそれが価値になる。

 

自分のプラットフォームに時間を奪ってくれば

リスクヘッジになり、収益的にも安定し、精神的にも安定します笑

これははっきり言って超安定します、やらないのが損です。

 

例えば、オンラインサロンとかもまさにプラットフォームから時間を奪ってますよね。

「Twitter→Discordとかチャットワーク?(サロンやったこと無いので実状がわかりません、すみません、、、)」

これはまさにプラットフォームから時間を奪っている典型例です。

 

 

はい、話が飛びまくりましたが、つまり言いたい事は

「思考を鍛えましょう!」

ってことです。

 

そして、ビジネスで結果を出していくためには、

「DRM」という概念を取り入れた思考がかなり大事になってきます。

 

DRMとはダイレクト・レスポンス・マーケティングの略で、

ダイレクトにお客さんのレスポンスを受け取ることができるマーケティングです。

 

簡単にいうと、お客さんの反応を直接反映させることができるので、

お客さんとやりとりが増え、より濃い関係を作り上げることのできるビジネスモデルということです。

 

直接意見が反映させることができるということは、

色々メリットが考えられると思います。

 

お客さんの視点から考えても、

自分の要望が反映された商品を作ってくれるのはとても嬉しいし、

かな~り満足度高いですよね。

 

直接反応が見れ、満足度の高い商品が届けることができるので、

当然それは商品を「広める」ことにもつながります。

マーケティングには、 広義な意味で「広める」という言葉もあるんですね!

 

このDRMという概念を知っているか知らないかで、

かなりビジネススキル、つまりマーケティング能力は変わってくるので、

是非学んでいただいて成長していただけたらとおもっています!

 

さらに面白いことに、マーケティングは日常に多く潜んでいます。

つまり、マーケティングを学ぶことで、 日常の生活にも生かすことができ、

日常の生活からたくさんの情報を学ぶことができます!

 

もっと言うと、「日常の生活=大手起業の戦略が張り巡らされたお店に買い物に行く事」

であり、大手企業のマーケティングを日々の生活から学び取り、

自分自身のビジネスへ、良い部分を取り入れてより発展させることだって出来ちゃうわけです。

 

 

さらに、ビジネスだけではなく、普段の生活にも活かせます。

例えば、飲み会に行ったときとかに、マーケの知識があれば

「自分自身を魅力的に見せる事が出来る」という事も可能になります。

 

そしたら、その場の空気を自分が作り上げる事が出来るので、

友達が増えやすいですし、それこそ恋人が出来たりとかもあります。

夢ありまくりですよね。

 

 

また、この概念を使えば、Twitter以外でもマネタイズが可能になります。

なんかビジネスと言えばTwitterとかYoutubeみたいな風潮がありますが、

正直プラットフォームなら何でも良いんですよね。

 

例えば、ココナラというサービスや、クラウドワークスというサービスでも

収益化は可能です。

僕自身もこの概念を用いて、クラウドワークスから結果的に収益化に成功していたりします。

 

どうやったのかは有料で。。。

とは言わずに、無料で公開しますよ笑

以下の記事から見れます。

関連記事

 

 

こんな感じで、ビジネスについて学べば色々応用が利くので、

ガンガン学んで行きましょう!

 

学べば、どんどん違う物へ応用させることができますし、

それによってコンテンツもどんどん作成が可能になります。

例えば、「暇な時間をマネタイズする」という概念を応用して以下のコンテンツを作りました。

空間をマネタイズするという視点でYoutubeを例に思考を発展させて行こう

 

また、「暇な時間=価値のない時間ってことは。。。」

という流れで、以下の動画コンテンツも作ってみました。

ガンガン学んで一緒にどんどん成長して行きましょう!

---------------------------------------------------------------------

 

僕は20歳にして月収100万、最大では120万ほどを稼ぎました。

そして現在では、自動で入ってくる収入が30万~50万ほどあります。

 

こんな事を言うと怪しいですよね。

お前は才能があったからできたんじゃねーの?とも言われます。

ですが、僕はもともとビジネスが超絶上手かったわけでもなければ、

人と話すのが得意だったわけでも、

ましてや文章を書くのが得意だったわけでもありません。

 

そんな僕でも、稼いでみたら自信ついたし、

人の目を見て話せるほどにはなりました(昔は人の目を見れませんでした)。

また、ある理由で不登校で家に引きこもってニート生活をしてましたが、

改善しました。

プライベートが昔と比べると驚くほど充実しています。

 

このように書くと「異世界だな~」と思うかもしれませんが、

結局全て「慣れただけ」なんですよね。

 

どんな人でも慣れたら稼げますし、

学んでいけば自信を得る事も退屈な人生から脱却する事も出来ます。

 

僕ダイチがビジネスに慣れて、不登校でニート生活をしていたところから

どうやって稼げるようになったのかを下記記事では公開しています。

 

ダメダメ人生を逆転させた僕ダイチの理念はこちらから

 

---------------------------------------------------------------------

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です