ビジネスをマラソンだと捉えると確実に成長していける!!周りと比較せずに自分のペースで進んでいこう

こんにちは、ダイチです。今日はですね、

焦らずに一歩ずつ進んで行きませんか?って話をしていこうと思います。

いきなりどういう事だよって思うような感じですが笑

 

これって昔の僕に伝えたい事なんですけど、

周りを見てると案外陥ってる人が多い罠だなと思ったので、

伝えようと思った次第です。

 

 

いきなりなんですけど、

ビジネスをするのってやっぱりお金が欲しかったり、

コンプレックスを克服したいとかが大きな理由になって来ると思うんですよね。

 

となると、やっぱりどうしても結果が早く欲しいなと思ってしまうものだと思います。

 

僕自身転売をやっていた頃には結果が欲しすぎて、

自分のキャパオーバーの行動をして結果を出すために日々それだけをやってました。

 

毎日18時間でガンガン行動していたわけなんですけど、

これってどんどん自分を追い込むことになってしまい、

結果的に、最終的に1日1時間も行動できない状態になってしまいました、、、。

 

マラソンを短距離走の勢いで走る人っていないじゃないですか。

まさに僕って、

「俺はマラソンを短距離と同じスピードで走り切れない、俺って駄目だわ。。。」

 

という考えをしてました。結果、18時間行動を継続できなかったですね^^;

18時間行動をマラソン感覚で出来ていたら継続できたと思うのですが、

周りと比較してしまってだめになったわけです。

 

客観的に考えて、長距離マラソンを走ろうとしてるのに、

単距離マラソンランナーよりも遅いって悔やんでも、仕方がないじゃないですか笑

ですが、昔の僕はこれをやってたんですよね。

 

そして、ビジネスを諦めてしまう人や疲れてしまう人は、

この考え方が強いと感じていまして、

 

「〇〇さんはめっちゃやってるのに自分はできてない、ああダメな奴だ」

ってパターンに陥っている気がします。イチローほど上手く野球できねー!て言ってるような感じです笑

 

逆に、上手くいく人って何を考えているかというと、

「ちょっとずつ進もう」とか「少しずつ改善していこう」

という風に考えているんですよね。

 

それが結果的に、行動するという習慣に代わり、

周りから見たら結果的に大量行動してるように見えるわけです。

本人からしたら全然頑張ってないんですけどね笑

 

結果的にビジネスであれば大きく稼いでいるし、

周りと比較して疲弊して、行動できない状態になるという悩みも消えると思うんですよ。

なので、周りと比較する癖のある人ほど、ビジネスはマラソンと考えて欲しいんですよね。

 

僕自身、昔は「できない自分がだめだ」

と言って、自分を責めていた節があるのですが、今現在では

「どうせできるようになる、それまで淡々と目の前の事を実践し続けて行こう」

 

という考え方に変わっています。

これやるとメンタル的にも良いですし、何より現実的にどんどん作業が進むんですよね。

 

進んで→考えてわからず立ち止まり→またちょっと進んで→また考える

こんな事をやっていると、何も出来ずに時間がたってしまいます。

なので、長期マラソンだと思って

 

  • やべ、この知識ってどういう事かわからない(横腹が痛くなってきたな~)
  • 今すぐに理解できないけど、とりあえず行動しよう(スピードを落とし、少しずつ前に進もう)
  • そして、次の成長タイミングで一気に突き抜けよう(横腹の痛みが消えたらスピード上げよう)

 

こんな感覚でビジネスに取り組んでいます。

 

これの何が良いかというと、

悩んでいた時よりも、結果的に大きな成果へ結びついて”しまう”んですよね。

それは、たくさん行動する中で一気に成長することができるからです。

 

成長することが出来れば見える世界が変わるんですよね。

見える世界が変わるというのは、マラソンでいう持久力が付く感じです。

余裕をもって周りが見えるため、ビジネスの質が上がり、結果的に右肩上がりの成長が得られるわけです。

 

 

いや~このマインド持っておくと強いですよ。

例えば、以下の記事で罰金ルールというのを紹介しているのですが、

【行動力爆上げノウハウ】ノウハウコレクターが18時間2か月毎日ビジネスできた秘訣を教えます

 

長期的に見たら、行動習慣をきっちり作りこんで、

ハードルの低いところから確実に行動をするというルートを歩むのが、

メンタル的にも良いんですよね。

 

ここで難しいのは「自分を追い込んでやるのと、ストップをかけるバランス」

になってくると思います。

要するに勝負のかけどころがわからないという状態です。

 

 

ポーカーっていうカードゲームを知ってますでしょうか?

ワンペアとかストレートフラッシュとかの役を作って勝負するあのゲームです。

 

ポーカーも、毎回一番強いロイヤルストレートフラッシュを狙えば強いわけではないですよね、

場合によってはスリーカードとか、フルハウスとか、

その時々に自分の持つ手札で勝負を仕掛けなければいけないです。

 

行動習慣とかメンタルケアってのも全く同じで、

 

  • 今自分自身はビジネスに対して前向きなのか、後ろ向きになってしまっているのか
  • めっちゃ成長して突き抜けたいと感じてるのか、少し悩みが深めになって行動が鈍化してしまってる状態なのか
  • 自分自身と向き合えているのか、周りと比較してしまっているのか

 

このあたりで、自分はどっちなのかなあと考えてみるのがオススメです。

結局、継続できれば最終的に勝利できるんですよ笑

なので、継続できる方を選べば良いだけなんです、これだけです!

 

しかし、そこに、続けるのが苦痛だとか、

見えない部分や分からない部分が多くて怖いとか、失敗が恐怖だとか

人間ならではの感情に支配されて、継続できない状態になってしまうのもまた事実だと思います。

 

これってめちゃくちゃ勿体ない事なので、ここをどうにかするために、

継続できる自分なりのノウハウを確立していったほうが良いんですよね。

 

断言させていただくと、ビジネスで結果を出したいのであれば、

この辺の行動習慣は自分なりの方法で突破していくしかないんです。

 

いわゆる「自分のやり方を捨てて行動しろ」というのは、

この「自分なりの方法を探すために、一回染まってみてよ!」って事なんです。

 

で、一度その人の言うとおりに染まってみて、その中で自分に合う合わないを判断するんです。

人間ひたすら行動し続ける事って絶対に不可能なので、

 

まずは人の言われたことを素直に愚直に実行しつつ、

ある程度結果が出てきたら自分なりのメンタルとか行動習慣のケアを

やっていけば良いのかなあと思いますね。

 

こんなこと言うと、「じゃあ自分はまだ大丈夫」と言って行動をしない人が出てくると思いますので

(何を隠そう、昔のノウハウコレクター時代の僕がこれでして・・・^^;)

少し厳しい言い方になってしまいますが、

 

結果が出ていない間とか、この記事の意味が分からない間は、一度自分の考えを封印して

ガンガン罰金ルールとかセミナーマインドを手に入れて行動しまくるのをオススメします。

(セミナーマインドや罰金ルールは先ほど共有した記事で解説しています)

 

と、こんな感じで、今の自分に合った考え方というのがあるわけなので、

今成長したいけど行動できてないって人はガンガン制限をかけて行動力を上げていき、

 

心配で全く行動できないという人は、まずはビジネスはマラソンだという感覚を持つことから

始めてみてください。

 

42.195kmとか、普通に考えてゴールどこかわかりませんよね、

でもわからないなりに走り続ける事が出来れば、いつかは到達できます。

そんな感覚で、日々の行動に繋げてくださいね^^

---------------------------------------------------------------------

 

僕は20歳にして月収100万、最大では120万ほどを稼ぎました。

そして現在では、自動で入ってくる収入が30万~50万ほどあります。

 

こんな事を言うと怪しいですよね。

お前は才能があったからできたんじゃねーの?とも言われます。

ですが、僕はもともとビジネスが超絶上手かったわけでもなければ、

人と話すのが得意だったわけでも、

ましてや文章を書くのが得意だったわけでもありません。

 

そんな僕でも、稼いでみたら自信ついたし、

人の目を見て話せるほどにはなりました(昔は人の目を見れませんでした)。

また、ある理由で不登校で家に引きこもってニート生活をしてましたが、

改善しました。

プライベートが昔と比べると驚くほど充実しています。

 

このように書くと「異世界だな~」と思うかもしれませんが、

結局全て「慣れただけ」なんですよね。

 

どんな人でも慣れたら稼げますし、

学んでいけば自信を得る事も退屈な人生から脱却する事も出来ます。

 

僕ダイチがビジネスに慣れて、不登校でニート生活をしていたところから

どうやって稼げるようになったのかを下記記事では公開しています。

 

ダメダメ人生を逆転させた僕ダイチの理念はこちらから

 

---------------------------------------------------------------------

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です