日利3億稼ぐトレーダーと、年商130億の社長から学んできたこと

こんにちは、ダイチです。

今日はですね、

 

KAZMAXさんと三崎優太さんのセミナーに行って学んだことを

シェアしていこうと思います。

 

 

まず簡単にどんな人かさっと説明すると、

KAZMAXさんはトレーダーとして活躍していらっしゃり、

多いときは日利3億を稼ぐという化け物投資家です。

 

三崎さんはメディアなどで青汁王子と呼ばれており、

若者向けの青汁事業から企業を拡大して、

年商130億の会社を作り上げた社長さんです。

 

そもそもなぜこれに参加したかと言うと、師匠に誘われたってのもあるんですが、

単純に将来やろうと思ってる投資のプレイヤーの話が聞ける事と、

大規模な会社を経営し、テレビなどに出るほど今人気の社長の話が聞けるからでした。

 

会場に入ってすぐに思ったことは、

「あれ、会場の雰囲気がいつもと違うな」

でした。

 

僕は何度かネットビジネスのセミナーに参加したことがあるのですが、

その時とは会場の雰囲気が異質と言いますか、今回はギラギラした印象がありましたね~。

 

会場の9割の人がKAZMAXさんから投資関連の情報を学んでいるようだったので、

「業種によって雰囲気が変わるのか、面白いな~!」

とか思いながら、どんな話が聞けるだろうとワクワクして40分ほど待ってました。

 

待ってる間に、机の目の前にあったパンフレットを読んでいたのですが、

よくわからない投資関連の共通言語に頭を二人で悩ませていました。笑

 

CXとFXって何が違うの?とか、

対面取引とネット取引の違いって何じゃこれ?とか

現物取引って何?商品買えば良いの?わからない。。。とか笑

 

え、ナニナニ、このままセミナー聞いたらやばくね?

何もわからないまま終わっちゃう。。。

って感じでマジで焦りました笑

 

結局始まるまで共通言語だけでもわかるようにしようという事になり、

少しだけ情報収集をして、

その後15分遅れでセミナーが開催されました。

 

それでは、このお二方から学んだことをシェアしていきます。

まずはKAZMAXさんからです。

 

KAZMAXさんから学んだこと

KAZMAXさんから学んだことは、一言でいうと

一つの事を成功させるために大事な、成功法則の部分です。

 

難しそうにかっこつけていってますが、要するに

ビジネスにしろ、投資にしろ、テニスにしろ、勉強にしろ

様々な事をやるときにこの考え方を持ってると達成しやすいよねって事を学んだわけです。

 

で、その考え方とはですね。。。

「すべての行動の理由を論理的に説明できるようにしようぜ」

ってことです。

 

 

KAZMAXさんは、FX、仮想通貨、CX、株など、

様々な投資をしていらっしゃる方なのですが、

全ての投資はチャートで結果が出せると断言するくらい、チャートを信用しています。

 

チャートというのは、相場の動きを見るグラフのような物の事で、

投資を始めたころは一日中チャートと向き合っていたそうです。

 

  • 飲み会に行った時も携帯を見て相場の動きをチェック
  • どんな時でも気付きがあれば必ずメモをする癖をつける
  • チャートの動きから、自分なりの分析結果を必ず言語化する

 

このような地道な努力を何年も続けてらっしゃったみたいです。

その結果、日利3億という、桁違いのお金を稼ぐまで成長された方なのです。

 

最初は「この人天才なんじゃねーの!?」とか思ってたのですが、

話を聞けば聞くほど、本気で一つの事に向き合う姿勢に

男ながらに惚れてしまいました笑

 

一般的に投資というと「めっちゃリスクある」というイメージありますし、

実際に僕も食わず嫌いで「リスクしかないし、宝くじよりマシかな程度でしょ」

って、勝手に思ってしまってました。

 

しかし、そんな見えない世界である投資ですら、

KAZMAXさんは自分の中でわからない部分を文字に書き出す事で言語化し、

再現性を持たせているわけです。

 

つまりですね、

 

  • なぜそれを行うのか明確にする
  • なぜそうなったか説明できるようにする
  • 分析結果を論理だてて説明できるようにする

 

こういうことを当たり前にしているからこそ、

投資というリスクがある世界でも勝ち続けることができているわけです。

これは半端ない努力をされたんだろうなと、素直に尊敬してしまいました。

 

ですが、僕自身はやはりネットビジネスがおすすめだと断言してしまいますが。。。

 

というのも、僕の知り合いで仮想通貨取引をされていた方で、

200万円を5000万まで増やし、一度大負けして全て消えたという方がいらっしゃいます。

そういうのを聞くと、やはりネットビジネスは有利だな~と思ってしまいます。

 

きっちりと学んでしっかりとした仕組みづくりを行えば、

たくさんの人に価値を提供できて、なおかつ自動収入も得られる。

 

そして時間もできるので、空いた時間で様々な経験や学びに時間とお金を投資し、

また新しい価値をお客さんへ提供できる。

これはめちゃくちゃ心が豊かになりますし、自由の幅も大きいです。

 

僕は実際にネットビジネスやってるわけですが、

ネットビジネスは投資に比べたらリスク0に等しい状態で実践することができます。

 

僕は結果が出るまでに2年ほどかかってしまったわけですが、

それだってリスク0で続ける事が可能だったから辞めずに続けてきて、

ちょっとした結果を残せるくらいになることができました。

 

もし逆にネットビジネスが投資のようにリスクが高いビジネスだったのであれば、

僕は絶対に結果を出せなかったな~と思います。

 

だからこそ僕はネットビジネスに出会えてよかったと思ってるし、

もし投資とビジネスどっちが良いか迷っているなら

断然ビジネスをおススメしますね。

 

そして、実はここだけの話なのですが、

今回のセミナー講師のもう一人である三崎さんも、

実は最初ネットビジネスの世界で稼いでいた方なのです。

 

もしあなたが三崎さんを知っているのであれば、青汁のイメージが強いと思いますが、

青汁で成功したのはネットを使ったビジネスをしたからと言い切れるくらい、

ネットの力をうまく利用しています。

三崎さんから学んだこと

三崎さんから学んだことは、インターネットビジネスの優位性、

もっと言うと情報発信ビジネスの優位性です。

 

例えば、三崎さんが青汁業界に参入した時、

すでに青汁は大手企業が牛耳っており、

個人が参入できる状態ではないレッドオーシャンでした。

 

基本的に個人は大手の企業が参入しているビジネスに参入しても

資金力や規模間等の面で勝てないことが多く、

結果的に負けてしまうことが多々あります。

 

ですが、三崎さんは青汁を違う角度からブランディングしました。

それまでのイメージである「おじいちゃんおばあちゃんが飲む苦い飲み物」

から、「若者がおいしく飲めるすっきりした飲み物」

という、飲みやすい青汁というブランディングをしたわけです。

 

そして、若者が多いSNSなどに広告を打ち、若い人に商品を知ってもらい、

ライバルと差別化を行うことに成功しました。

 

つまり、

「うちの青汁はほかの人と違うよー、飲みやすいし若い人におすすめ!」

と、インターネット上で言いまくったわけです。

 

そしたら色々な人が興味を示し、結果的に差別化につながったわけです。

それが積もり積もって、結果的に年商130億になったわけです。

 

 

このように、インターネットビジネスの可能性は測り知れないものがあります。

年商130億と聞くと、めっちゃすごそうな事をしているように感じますが、

原理原則的な部分を見ると難しい事はしていなくて、

 

ネットについて学びその性質を理解し、正しく使って商品の認知度を広めていく。

つまりWebマーケティングを勉強して実践したのが三崎さんなわけです。

 

 

では、今から我々がWebマーケティングを学んで青汁で稼ぐことができるかと聞かれると、

答えはNOです。

 

青汁って、商品ありきなんですよね。

つまりですね、極端な話、青汁をバナナとして売り出すことって不可能ですよね?

それってバナナになっちゃうんで笑

 

であれば、青汁はあくまで青汁で売り出さなければいけない、

つまり、青汁というフィールドの中で差別化をしなければいけないわけです。

という事は、差別化できる範囲が限定されてしまうわけなんです。

 

もちろん、

  • 便秘の女子向けの青汁
  • 健康になりたい30~40代への青汁
  • 美貌を保ちたい20代向けの青汁
  • 不健康予防をしたい60代以上への青汁
  • 苦いけど、めちゃくちゃ体に良い素材を使ってる青汁
  • 高級な素材を使った、高級青汁

等の差別化は確かにできます。

でもこれだとちょっと弱いし、今から参入するのはわりに合わないんです。

 

しかしですね、情報発信はこれが安易にできてしまうんです。

極端な話、サラリーマンと主婦って、当たり前ですけど

違う経験をたくさんしていますよね。

 

これって、青汁とバナナと同じくらい、違いますよね。

性別、一日の行動、自分のやってる仕事、考える事、経験、年齢

マジで全て違います。

 

それと一緒で、鬱ニートから起業した僕と、会社でバリバリエリートな人だって、

経験したことが全然違います。

 

このように、情報発信ビジネスは青汁と違ってめちゃくちゃ差別化しやすいビジネスなわけです。

あ、情報発信ビジネスというのは、今僕がやってるようなビジネスです。

 

差別化できるという事は、その市場の穴を突けるという事。

もっと言うと、ライバルフリーで稼ぐことが可能なわけです。

このスキルはめっちゃ応用できるスキルなんですよ。

 

例えば、情報発信を学ぶとマーケティングの知識がかなり付くのですが、

マーケを学ぶと企業のコンサルができたりします。

具体例があるとわかりやすいと思うので、男性向けの理髪店で考えてみましょうか。

 

理髪店って、髪を切る以外に

  • 眉そり
  • 洗髪
  • マッサージ
  • 頭皮クレンジング
  • 抜け毛対策ケア
  • 髪染め
  • 育毛剤販売
  • ワックス販売
  • 眉カットのカミソリやハサミ販売

このようなオプションやアイテムがあると思います。

 

これって、「髪を切りたい人って他に何を求めているのかな?」

と考えられて、戦略的にオプションやアイテム販売が行われています。

これもマーケティングなわけです。

 

また、もし客層がわからなければ、お会計の際に

客層を調べるためのアンケートを実践しても良いですね。

 

ただ置いてあるだけだとあまり答える人いないと思うので、

「答えてくれた人は次回10%割引」「顔そりが無料でできます」

とかすればリピーターも獲得できて客層も把握できる、一石二鳥です。

 

そして客層を把握し、もし若者が多いのなら、Youtubeやブログ、Twitterに

  • ワックスのカッコいい付け方
  • 髪質でワックスを選ぶ方法
  • 眉そりの正しいやり方

等の情報を発信すれば、集客も可能です。

 

さらに、ネット上に資産をためるとレバレッジがきくわけなので、

一気にお店の知名度が上がり、ファンが増えて、

売り上げが雪だるま式に跳ね上がっていくんですよね。

 

こんな感じで、情報発信を学ぶとこのようなアイデアが

次から次に溢れて来るんですよね。

 

話がそれましたね、情報発信の話に戻しましょう。

これまでで情報発信の素晴らしさを伝えてきましたが、

そもそも情報発信そのものが稼ぎやすいビジネスモデルなんです。

 

稼ぎやすいビジネスというのは

  • 利益率が良い
  • 在庫を持たない
  • 資本がいらない

という条件を満たし、これはかの有名な堀江貴文さんもおっしゃってる事です。

 

そもそも稼ぎやすく、めちゃくちゃ差別化しやすい。

なぜなら、情報発信というのは、あなたの経験をドンドン発信していけば良かったからでしたね。

そして、あなたと同じ人ってこの世に存在しないからでした。

 

つまり、あなたの経験や知識、存在そのものが差別化につながるわけであり、

ライバル不在という状況を作れてしまうわけです。

青汁だとそうはいかないのが現実ですが。。。

 

 

例えば、僕は今まで経験してきたことや学んだこと、新しい視点や考えたこと、

これらをブログやYoutubeやメルマガやTwitterなどで発信しています。

 

それは僕ダイチという人を知ってもらい、昔の僕のように

中々結果を出せない人や生き方に悩む人に、正しい情報を届けるために行っています。

 

いわば、ダイチという商品を知ってもらうために行っているわけです。

そして、ダイチという商品にライバルは存在しません。

これってめっちゃすごいことですよ。メリットありすぎます。笑

 

僕が青汁だったら、多分まったく売れなくて、

人知れず廃棄処分される可能性すらありますよ笑

 

だってもともと生産性のない人間だったわけで、

という事はつまり、育ちの悪い青汁って事ですからね、、、

なんか自分で言ってて悲しくなってきますのでこの辺で話を戻しまして。。。笑

 

この差別化しやすいというのは本当に強いです。

あなたの人生経験そのものがビジネスになってしまうわけですから。

 

例えば、同じネットビジネスに物販というものがあります。

これは、商品を安く仕入れて高く売るという、簡単なビジネスモデルで、

僕はだれでも稼げるビジネスだと考えています。

 

ですが、僕は物販をずっとやるのはオススメしてません、

稼げない人、初心者が最初のファーストステップで稼ぐ経験をするにはめちゃくちゃ良い手法だし、

僕自身、物販で稼ぐための企画をメルマガ限定で紹介していたりします。

 

それでもずっとやるのをおススメしない理由としては、

「差別化が図りにくいから」です。

もっと言うと、飽和の影響を受けにくいです。

 

僕の企画では、部分飽和はあっても完全飽和がない、

そしてそれ以上に大事な事である

ずっと物販をしていくうえで大切な抽象的な情報を、具体情報とセットにして伝えています。

 

しかし、やはりそれでもある程度飽和の影響を受けますし、

何より資産になっていかないんですよね。

ビジネスをやるうえでは、この資産という考え方を持っておくべきです。

 

物販は人を入れて外注することもできますが、人を管理するコストがかかってしまいます。

それに比べて情報発信は、ツールを使って資産をためていくため、

辞めていくというリスクがないわけです。言うなれば完全な資産ですね。

 

これって物販をやってた僕からするとありえないほどの恩恵で、

マジで神だなって思っちゃいます。

一度資産作ったら放置でOK、しかも管理コストがかからないので本当に優れたビジネスなのです。

 

 

また、情報発信や物販などのネットビジネスは、投資と違ってマジでリスクないです。

リスクがないと感じたからこそ、僕もネットビジネスを始める事にしました。

僕がビジネスを始めた理由などは下の記事で語っています。

不登校→高3起業→ニート→フリーター→月収100万までの道のりを話してます

 

僕は大学に行って就職するという人生を自分が歩むという想像ができなかったんですよ。

「あれ、これって本当に僕が歩みたい道だったっけ?周りに流されてない?」

と思ってしまってから、不登校で高校にすら行かなくなってしまいました。

 

そんな時にネットビジネスを見つけて

「これだ!!」と思って、この世界に飛び込んできたんですよね。

 

そしたら、なんだかんだ学んで理解できずに中々結果出ないとか、

分かった気になったら本当は全然理解できてないみたいな事もたくさんありますが、

そのたびに自分が成長できてると実感できてめっちゃ楽しいです笑

 

学んだ事を実践したら自分がどんどん成長するって

こんなに楽しいのかと改めて気付かせてくれたのが僕にとってネットビジネスでした。

 

だからこそ、少しでも興味があるなら一度学んでみてください。

人生の見え方が一気に変わりますし、

何より勉強することがめちゃくちゃ楽しくなりますから。

 

さあ、一緒に成長していきましょう!

あなたが学ぶことには、もっと成長して先を突っ走っていると思います!

ですが、やってること自体は難しくないので安心して下さい。

 

一つ一つ学んで実践すれば確実に成長できますので、

一緒に成長して楽しい世界を開いていきましょう。

---------------------------------------------------------------------

 

僕は20歳にして月収100万、最大では120万ほどを稼ぎました。

そして現在では、自動で入ってくる収入が30万~50万ほどあります。

 

こんな事を言うと怪しいですよね。

お前は才能があったからできたんじゃねーの?とも言われます。

ですが、僕はもともとビジネスが超絶上手かったわけでもなければ、

人と話すのが得意だったわけでも、

ましてや文章を書くのが得意だったわけでもありません。

 

そんな僕でも、稼いでみたら自信ついたし、

人の目を見て話せるほどにはなりました(昔は人の目を見れませんでした)。

また、ある理由で不登校で家に引きこもってニート生活をしてましたが、

改善しました。

プライベートが昔と比べると驚くほど充実しています。

 

このように書くと「異世界だな~」と思うかもしれませんが、

結局全て「慣れただけ」なんですよね。

 

どんな人でも慣れたら稼げますし、

学んでいけば自信を得る事も退屈な人生から脱却する事も出来ます。

 

僕ダイチがビジネスに慣れて、不登校でニート生活をしていたところから

どうやって稼げるようになったのかを下記記事では公開しています。

 

ダメダメ人生を逆転させた僕ダイチの理念はこちらから

 

---------------------------------------------------------------------

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です