今日も頑張れなかった。。。を解決!辞める瞬間を意識し行動力UPさせる重要性

こんにちは、ダイチです。

今日はですね、辞める事を意識する重要性をお伝えしようと思います。

もっと言うと、

 

辞める事を意識することで、行動力が上がる

 

という事を解説していきます。

要するに、

 

「次の日、やらなければいけないことが終わった後を想像してみよう」

と言いたいわけです。

いわゆる7つの習慣の「終わりを意識する事から始める」ですね。

 

 

行動できないって実はあなたのせいじゃないんですよ。

だからあまり自分を責めないでください!

行動できないときって

 

「本当は頑張りたいんだよ!でも。。。なぜかできない・・・」

「やばい、朝やろうって思ってたのにもう午後じゃん!」

「はぁ、、、今日できなかったからまた明日頑張ろう」

 

このような状態になってしまってると思います。

これってめっちゃもったいないと思っていて、

 

というのも、

せっかくやる気があるんだけど、考え方をちょっと知らないせいで

上手く行動に移せてないだけなんですよね。

 

考え方をちょっと変えるだけで行動力跳ね上がるし、

そしたら自分の能力も上がるし、

良い事ばっかじゃんって思うんですよ。

 

 

例えば僕は昔、高校生のころの宿題とかは

「あー今日テキストやってないな~、明日朝起きて一気にやろう!」

とか思って、結局やらないで焦るみたいな事やってました。

 

そして、結果的に答えを移すという、

あるあるな展開で宿題をこなしてました。

(時効だと思うので許してください笑)

 

 

また、トレンドアフィリエイトを実践していた時は

「あー今日もできなかったよ、明日は8時に起きてブログ書こう」

とか思ってましたね。

 

この時なんて、毎日「今日こそはマジでやってやる!」

ってやる気MAXだったのに、実際は

やろうと思えば思うほど、できないジレンマにはまってしまう

という状況になってました。

 

夕方になって

「あれ、俺今日1記事も書いてねーじゃん、やばくね?」

とか思いながら現実逃避するために寝るみたいな笑

 

 

今思い返せば、調子よく行動できなかったときって、

その日の明確な終わりを考えてなかったな~って思います。

 

「明日の朝からブログ書こう」

と思っていて、具体的に何文字、何記事書いて

何時に終わる!とか考えてなかったんですね。

 

ですが、終わりを意識するようにしたら、

案外スムーズに行動できるようになったんですよね。

 

例えば、

「今日はこの時間までに2万字書くんだ!」

と、2万字書き終わった後を意識した時は2万字かけたりしました。

 

この時って、1日3000文字とかが限界だったときで、

僕にとってはかなりの負荷だったんですよね。

 

マジで7000文字書いたあたりとか頭ぼーっとしてました。

それこそ湯気が出そうなくらい。。。

 

ですが、なんだかんだ集中力が切らさずに

その日のうちに2万字書ききることができました。

これも

 

「よし、今日の10時から書き始めるか」

と思っていたら、絶対に達成できなかったですね。

 

実はこう言い切ったのにも理由があって、

実は2万字書くまでに2,3日ほど何もできなかったんですよね。

明日書くぞってずっと思ってて、できない。。。みたいな。

 

当時は終わりを意識するのが大切って知らなかったんですが、

今思い返すと「あ~あの時合理的な事やってたんだね」

って感じです。

日本人はDOが苦手な民族

今までお伝えしてきたこの手法、

実は我々日本人という生き物にとってかなり合理的な手法に

なってるんです。

 

日本人って欧米人と違って、

基本的に行動が遅い民族なんですね。

 

欧米とかのスタンスって

「とりあえずやる、その中で改善しまたやる」

という感じなのですが、

 

我々日本人は

「しっかりと準備してからやる」

という考え方が強いです。

 

これはみんな同じで、本能レベルで刻み込まれているため、

中々改善しにくい部分なんですよね。

 

そして、後者の考え方だとどうしても

「準備をする事にハードルを感じてしまい、やるという部分にとてつもない壁を感じてしまう」

のです。

 

だからこそ、あえて終わりを意識する事で、

始まりのハードルを見ないでスタートしてみませんか?

という提案なわけです。

 

でですね、終わった後は

「あ、やったら意外と簡単だったなー」

となります。

 

それが僕であれば

 

「1日1記事もかけなかった」→「1日3記事書けた」

「3000文字書くのがやっとだった」→「20000文字書くことに成功」

 

につながってるわけです。

 

いきなり高いハードルを設定する事はありません、

まずは30分後までに300文字だけ書いてみるか、

この程度でOKなので、実践してみてくださいね。

---------------------------------------------------------------------

 

僕は20歳にして月収100万、最大では120万ほどを稼ぎました。

そして現在では、自動で入ってくる収入が30万~50万ほどあります。

 

こんな事を言うと怪しいですよね。

お前は才能があったからできたんじゃねーの?とも言われます。

ですが、僕はもともとビジネスが超絶上手かったわけでもなければ、

人と話すのが得意だったわけでも、

ましてや文章を書くのが得意だったわけでもありません。

 

そんな僕でも、稼いでみたら自信ついたし、

人の目を見て話せるほどにはなりました(昔は人の目を見れませんでした)。

また、ある理由で不登校で家に引きこもってニート生活をしてましたが、

改善しました。

プライベートが昔と比べると驚くほど充実しています。

 

このように書くと「異世界だな~」と思うかもしれませんが、

結局全て「慣れただけ」なんですよね。

 

どんな人でも慣れたら稼げますし、

学んでいけば自信を得る事も退屈な人生から脱却する事も出来ます。

 

僕ダイチがビジネスに慣れて、不登校でニート生活をしていたところから

どうやって稼げるようになったのかを下記記事では公開しています。

 

ダメダメ人生を逆転させた僕ダイチの理念はこちらから

 

---------------------------------------------------------------------

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です