金無いくせに500万以上投資してきた話

こんにちは、ダイチです。
今日は、自己投資の話をしていきます。

タイトル見てどう思いました、
多くの人はキチガイだと思ったと思います。笑

19歳で最大借金150万、
全て情報に投資してきました。

友達と遊んだり、
女性と夜な夜なクラブであんなことをしていてわけでもありません。

ひたすら、
ビジネス塾や、稼げそうな情報に、
片っ端から投資しまくってきました。

なぜこんなに稼げない時から投資してきたのか?
簡単です、
稼ぎたかったし、なんとしても成長したかったからです。

そのために、ひたすら行動し続けて来たのです。

僕は発信者側になって

・金を稼ぎてえ
・会社の給料以外の収入が欲しい
・大学にただ行くだけでなく、ビジネスで稼げるようになりたい

と言った人を見てきました。
ですけど、彼ら彼女らは口ではそういうものの、
実際にお金を払って情報に投資し、
稼ぐための行動をしてる人はほとんどいません。

稼ぐためには、そもそも前提知識が必要です。
知識が無かったら

「俺今日は何をすれば良いんだっけー?」
となる。正直、この状態はヤバイ、
稼げるわけがない。

そして、投資は大事だが、
じゃあとりあえず金を払えば稼げるのかと言うと、
そういうわけでもないです。

実際、僕はやりすぎたと自分で思ってます笑
ア〇ムで40万を下ろし、
クレカをリボ払いに設定し、
12分割を使って何とか細切れにし、

そうやって情報に投資しまくってきました。
枠が埋まれば速攻で新しいクレカを用意し、
また借金を重ねる、、、。

そんな日常を繰り返していました。
今、昔の僕を見たら

「やりすぎ、さっさと仕組み化学べよ無駄すぎなんだよ」
と叱りますね笑

まあ、
とはいっても、
僕は今後もガンガン自己投資は続けますよ。

120万稼いだ時も、
普通の人は貯金すると思いますが、

僕は全額次の情報に投資しました。
最低限の生活ができるお金だけ残し、
2週間後にはすべて消し飛びました。

まあ、そのおかげで今があるので、
何も後悔はありません。

最近はひたすらアウトプットをやってて、
インプットはかなりやってきたので、
一気に出しまくってるというのをやってます。

インプットをするときには、
必ずアウトプットありきのインプットをしなければいけません。

ブログとかメルマガとかtwitterとかで、
知識を外に出すのです。

これをひたすら行っていきさえすれば、
月収100万くらいの収入は稼げるようになります。

僕はまだまだ進化したいので、
これからも自己投資はガンガンしていきます。
貯金するくらいなら、全部使って、

次の500万、1000万を狙った方が、
コスパ良い事を知ってるからです。

お金は銀行においておけば、
例えば1000万あったら200万くらい消えていきます。
何もしなくても。

だけど、200万のお金を知識に突っ込んで、
月の自動収益が100万とか稼げるようになったら、

消えたはずの200万から、
自動収入1200万のビジネスが出来上がります。

知識に税金はかかりません、
なので、僕はドンドン知識に投資していきます。

知識は資産になるし、
武器にもなる。

これからも僕は、ドンドン脳みそを知識で武装し、
敵をなぎ倒して進化しまくっていきます。

---------------------------------------------------------------------

 

僕は20歳にして月収100万、最大では120万ほどを稼ぎました。

そして現在では、自動で入ってくる収入が30万~50万ほどあります。

 

こんな事を言うと怪しいですよね。

お前は才能があったからできたんじゃねーの?とも言われます。

ですが、僕はもともとビジネスが超絶上手かったわけでもなければ、

人と話すのが得意だったわけでも、

ましてや文章を書くのが得意だったわけでもありません。

 

そんな僕でも、稼いでみたら自信ついたし、

人の目を見て話せるほどにはなりました(昔は人の目を見れませんでした)。

また、ある理由で不登校で家に引きこもってニート生活をしてましたが、

改善しました。

プライベートが昔と比べると驚くほど充実しています。

 

このように書くと「異世界だな~」と思うかもしれませんが、

結局全て「慣れただけ」なんですよね。

 

どんな人でも慣れたら稼げますし、

学んでいけば自信を得る事も退屈な人生から脱却する事も出来ます。

 

僕ダイチがビジネスに慣れて、不登校でニート生活をしていたところから

どうやって稼げるようになったのかを下記記事では公開しています。

 

ダメダメ人生を逆転させた僕ダイチの理念はこちらから

 

---------------------------------------------------------------------

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です