たった一つのスキルでダイチは体系的に物事を理解してる

こんにちは、ダイチです。

僕は昔に比べて、物事を把握するスピードが、
以前と比べて超絶早くなりました。

ビジネスの思いつくスピードも、
過去の自分とは大違いです。

頭の回転早いなーと
知り合いの起業家に言われるようになったし、
自分でもわりと感じる事ではあります。

自慢か?
って感じですが、
これは適切なトレーニングの結果ですので、
今から誰でもできるんだぜーという事を
証明していこうかと思います。

僕は物事を理解するときに、
体系的な理解をするところから入ります。

つまりどういう事かと言うと、
【型】で理解するという事ですね。
マインドマップを僕が良く使うのも、
その理由が大きいです。

マインドマップを使うと、
【型】が「視覚化」できるんですよね。
マジで神ツールなのでぜひ使ってみてください。

で、型の話に戻ります。

サイトってどんな構想が理想的なんだろうか?
どんな記事を書けばファンになってもらえるのだろうか?
どんなふうにブランディングしていけば売り上げ上がるんだろうか?

全て、型というものが存在します。
流れが決まっているので、
試行錯誤する必要がありません。

文字通り、テンプレです。
何事にもやり方がある程度決まってるわけですね。

そして、テンプレを身に着けたら、
徹底的にテンプレ通りに行動していきます。
そうすると、ある程度自分の力になるので、
応用が可能になっていくわけです。

僕は、学んだら基本的に人に教えます。
または、メルマガや動画でアウトプットします。
これも、教えるという行為ですね。

教えるために何が必要でしょうか?
最低限、自分が知識を把握する必要がありますね。

なので、必然的に覚えるんですよ。
学ぶ→教える(実践する)→学ぶ→教える(実践する)

をひたすら繰り返しました。

そうすると、何度も何度も書いたり喋ることになるので、
当たり前ですが、ただ読んでるときの100倍身に付きます。

僕の場合は特に、
外注さんに教えたり、
外注さんの外注さんに教えるために、外注さんを教育したり、

みたいなことをしてました。

つまり、指導者に指導の方法を教える
みたいな事をやってました。

これも少しずつ段階的にやっていきました。
まずは指導者になる。

相手は誰でも良いんですよ。
僕は最初、ヤフオクの簡単な出品作業を教える事から始まりました。

クレカを作ったり、FX口座開設するだけで、
10万くらい貰えるあれです。

ちなみに、FXはトレードしなくて良いので安心ですが、
中には怖いという人もいるかもしれません。

であれば、クレカを作るだけでも、
5万とか普通に稼げるので、
まだやってない人は今回やってみましょう。

下記記事で書いてます。
https://www.daibrary.com/archives/157.html

こんな風に教えていくわけです。
教える手段としては、
直接教えなくても良いのです。

ブログ、youTube、セミナー、レポート、
なんでもオッケーです。

例えば、僕は昔、
ネットの知り合いにヤフオク転売の方法をタダで教えてました。
そしたら、
「わからねーからさ、動画とかないん?」
って聞かれたので、

じゃあ動画見てくれ!
URLこれ、確認しといて分からん部分聞いてよ。

と言う流れでやっていけば、
ドンドンコンテンツが増えていきますし、
指導力も向上していきます。

そんな感じの流れで、
僕もドンドン指導力を上げていきました。
すると、自分も体系的な理解が深まっていきます。

自分で実践するよりも、
人にやってもらうときのほうが、
理解度が上げておかなければいけないです。

自分がわからんことを、人に指導する事は出来ないのです。

なので、まずはこれをやってください、
次にここを修正していきましょう。
みたいな流れで教えていくのです。

ドンドン体系化されていきます。
こうなってくるとこっちのもので、
教える事が朝飯前になります。

ちなみに、教えるときに一番大事なのって
何か分かりますかね?




応えは、「相手が使う言葉を使っていく」
という事です。

例えば、僕は昔一度、
投資関連のセミナーに行った事あるのですが、
共通言語多すぎて何言ってるかマジでわかりませんでした。

ですが、指導するときにはついついやってしまいがちで、
僕は昔、18の頃雇ってた外注さん相手に

「なんでこんなのも分からないんだ…」
と言ってました。

当時は青かったですね、
僕の伝えるスキルが足りなかった。

このように書くと
「当たり前」
と思うかもしれませんが、

案外出来てないことが多いので、
僕は必ず相手にしつこいくらい確認をするようにしています。

今回の場合は、

分かりにくい共通言語がある
→相手が理解できる簡単な日本語にする
→理解できてるか再三の確認
→もっとかみ砕く

こういった手順(型)になります。
超絶簡単じゃありません?笑
型って結構シンプルなんですよね。

これも昔教えたからわかるんですよ、
やり方を学んだだけという事です。

逆に言うと、
学べば出来てしまうわけです。
再現性めっちゃありませんか?

これ、ぜひ誰かに教えてあげて下さい、
こんな簡単なことですけど、意識するだけで

「教えるのが上手い人」
というブランディングになります。

ちなみに、コンテンツ作る際にこの型を取り入れると、
お客さんからの反応が段違いになります。

話を戻しますけど、
人に教えるのって超強いという事です。

ドンドン脳の知識は結びつくし、
必然的に反復学習ができます。

さらに、それをコンテンツにまとめたら、
まとめたこと自体が実績になります。

頭の回転もドンドン進化して早くなります。
ブログ作ったりYouTubeの動画は、、、
という人は、

”友達に教える感覚”
で作ってみれば良いのです。

んで、電話で教えるのをそのまま音声にしたら、、、
教えた内容をレポートにまとめてみたら、、、

と考えたら、
技術的にはコンテンツ作りって意外と簡単じゃないですか?

軽いノリ、全部ノリで。
僕も最初なんて、軽いノリで始めました。

なんでもコンテンツにしてみたら、
思ったよりも反応が来たりして楽しいですよ。

それでは、今日は以上です。

---------------------------------------------------------------------

 

僕は20歳にして月収100万、最大では120万ほどを稼ぎました。

そして現在では、自動で入ってくる収入が30万~50万ほどあります。

 

こんな事を言うと怪しいですよね。

お前は才能があったからできたんじゃねーの?とも言われます。

ですが、僕はもともとビジネスが超絶上手かったわけでもなければ、

人と話すのが得意だったわけでも、

ましてや文章を書くのが得意だったわけでもありません。

 

そんな僕でも、稼いでみたら自信ついたし、

人の目を見て話せるほどにはなりました(昔は人の目を見れませんでした)。

また、ある理由で不登校で家に引きこもってニート生活をしてましたが、

改善しました。

プライベートが昔と比べると驚くほど充実しています。

 

このように書くと「異世界だな~」と思うかもしれませんが、

結局全て「慣れただけ」なんですよね。

 

どんな人でも慣れたら稼げますし、

学んでいけば自信を得る事も退屈な人生から脱却する事も出来ます。

 

僕ダイチがビジネスに慣れて、不登校でニート生活をしていたところから

どうやって稼げるようになったのかを下記記事では公開しています。

 

ダメダメ人生を逆転させた僕ダイチの理念はこちらから

 

---------------------------------------------------------------------

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です