人生退屈?商売すると一気に楽しくなるけどね

こんにちは、ダイチです。

先日、学校が楽しくないという18歳の学生と話しました。
ただ何となく大学に行くのが嫌で、
しかもつまらない。

ダイチさんの人生を見て、
僕でもなんとか頑張ったら、
大学に行かなくても良くなるかな、と思って
思い切って連絡させていただきました!

と言われたので、
実際に通話してみました。

話を聞いてみると、
心から本当の意味で付き合える友達はいなく、
ただなーんとなく喋り、

かといって学校が超絶辛いわけでもないから、
なーんとなく学校に行きつつも、
楽しくない、ただただ退屈な人生を送ってるようなのです。

将来のために勉強しろと周りの大人に言われるけど、
何を勉強すれば将来のためになるんだよ?
となり、やる気も中々起きないそうです。

これ、めっちゃわかります、
僕自身もそうでした。

僕は18の頃に起業して、
この世界に入りました。

当時は人生に絶望し、自信もなく、
何も楽しくない退屈な日々が続いていたので、

成長に貪欲になってる人間が溢れている
起業と言う世界がまぶしくて仕方なかったのです。

 

退屈な人生が激変、勉強嫌いだったのに、ドンドン知識を頭に入れるようになった

 

今までは人生生きて来た上で本なんてマジで読んでこなくて、
読んでたのは漫画とかばかりでしたが、
今では一冊をじっくり読むようになりました。

読んだ本の内容を元に利益を生む仕組みを作る。
商売をする。

読めば読むほど利益になるし、
知識が増えて話せることも増える。

話せることが増えると、
その話を聞きたいという人が周りに集まり、
話が盛り上がるので、友達が増える。

この感覚が今では当たり前です、
逆に昔は、

「なんでこいつ俺と仲良くしねえんだよ」
とか思ってました。笑

当然です、人から面白い、魅力的だ
と、思われる努力もしなかった人間だったので、
そりゃあ異性からも同性からもモテるわけないんです。

何を勉強して良いか分かりません。
こんな疑問が出てくるかもしれませんね。

ですが、それは選択肢を知らないだけです。

会社員でもバイトでも、皆ビジネスをしている

人間は、社会と関わる事で、
自分の自我を保っています。

僕は一時期ずっと家に引きこもってまして、
外に出られなかった時期があったのですが、

当時はネトゲの中にコミュニティを探してました。

結局、人間は社会的動物であり、
社会を関わることでしか生きていけないのです。

アルバイトも、
派遣社員も、
正社員も、
起業家も、
フリーターも、

社会で生きてるわけです。

コンビニのレジ打ちだろうが、
人によって差が出ます。

例えば、笑顔でハキハキ喋って、
かつ行動はテキパキ見たいな。

さらに言うと

・主婦さんに対しては丁寧に笑顔で
・忙しそうな男性にはテキパキと

みたいな違いをつけられると、グッドですね。

僕コンビニバイトしてたから分かるんですけど、
忙しい男性はテキパキしてあげると

「おお、お前やるやん、頑張れよ」
みたいなノリで話しかけてきますし、
女性なら

「あら、丁寧にありがとうね」
と、テキパキよりも丁寧さと笑顔に気を付けたほうが
満足してくれます。

このように、
人に好かれる知識を持ち、なおかつ実践できる人は
例外なく好かれます。

 

今思えば、退屈まみれで、砂漠のように潤いのない人生だった

僕は起業しよう!と決意して実行に移すまで、

自分に自信なかったし、
毎日ゲームをしながらもどこか心に乾いた気分があり、

だけど挑戦が怖いし、
コンプレックスまみれの俺が上手くいくわけない、
と思い込んだままの人生を生きてきました。

学生の頃はケチだったので、
ゲーセンで100円も使わずにいたら、
次から誘われなくなりました。

周りの大人もケチな人が多く、
お金が無い、税金が高い、
国が政治家が悪いんだ、

と言う話をネタに、
酒を飲み、愚痴をこぼし、
自分で何もしない人間ばかりでした。

人から認められず、
それがかえって僕のプライドをより強固にし、
自分は一匹オオカミで生きていくと言いながら、

素直になれない心を生み出してしまいました。

ケチでプライドが高く、
他人の批判ばかりし、
ひねくれた心で人と接する、

クソオブクソみたいな人生を歩んでいました。

 

では、何か行動をしたかと言うと、
バカにしていた周りの大人と同じで、
僕も愚痴ばかり言ってる人間でした。

努力したくないし、
そもそも何を頑張れば自分の人生が良くなるかわからん。

周りは友達と青春の一ページを謳歌したり、
資格や検定にチャレンジしてみたり、
なんか大会にチャレンジしたり、
留学とか地元のイベント行ってみたり、
コンテスト行ってみたり。

僕はそんな輝いている周りの人間を見ながら、
内心は「このままじゃだめだよなあ…」
と焦りつつも、

より一層自分の心の中とネットに引きこもっていきました。
生産的な事は一切せず、
ただダラダラとした生活を送っていました。

そんな時、起業と言う希望の道が僕の目の前に広がった

月収500万を稼ぐ大学生!

何とも胡散臭い人間がいることを、
僕はネットの世界で初めて知りました。

500万って、意味が分かりません。
ですが、僕は、
これだ!!!
と、思いました。

生きていくためには綺麗ごと抜きでお金が必要ですし、
お金があれば好きなことが出来て、
なおかつ自信溢れるカッコいい人間にもなれる気がしたのです。

試験を合格して資格を取ろうが、
その資格に関係ない就職をしたら、
何のために頑張ったんだろう…と感じる気がしました。

ですが、ビジネスであれば、
遅かれ速かれ必ず関わるのだから
早めに学んでおいて損はありません。

何より、大学生と言う、
僕と似た年齢で稼ぐまくってる人間がいるという事に、
衝撃を覚えました。

自信満々に人と接せそうだし、何より心配事なさそう!!!
しかもぜってーモテるだろ!!

くらいのしょぼい気持ちでした、
最初は。

ですが、商売を始めたら楽しい事の連続です。

学んで実行すれば、
「お金」という全員共通の価値を
手にすることが出来ます。

稼ぐたびに、
「これだ!」
と思うようになっていきました。

その後、少しずつ学んでは実践を続け、
20歳にして月に100万、120万と稼げるようになっていきました。

その後、
「ただ稼ぐだけではわりに合わない、自動で稼ぎたい」
と思い、ビジネスを仕組み化、

現在では、仕組みを考え、
その仕組みを実装したら、
自分が何もしなくても稼いでくれる状態を作り上げる事が出来ました。

僕は、昔と比べて全くの別人になりました。

今では、一緒に働いてくれる方もいらっしゃり、
「ダイチさんに出会えて、ダイチさんと働けて嬉しいです」
とまで言っていただける事も増えました。

僕は、過去の自分がどれだけ愚かだったか、
気が付きました。

ビジネスの世界に入ると理解出来る事ですが、
意味不明に自信過剰感は、木っ端みじんに吹き飛びます。

良くも悪くも結果が全ての世界なので、
意味ない虚栄心など破壊されます。

昔は、見栄やプライドが鬼高かったので、

「俺やってないけど、たぶんあいつより上手くできるよw俺得意だからさー」

とか謎に気持ち悪い事言いまくってました。

知識が力です、起業の世界は。
何を知っていて、どれだけの選択肢を選べるか。
だけです。

知識と言うのは、
学べば学ぶほど収入を増やしてくれますが、
それと同時に、実力のない自分と言う現実に直面させてきます。

あー、今の俺ってなーんの価値もねーんだな。
こんな感じです。

せっかく勉強しても、
4年以上真面目に頭使ってないから、
すーぐ頭の中からっぽ。

あ、俺ってバカなんだ

これに気が付けただけでも、
人生がかなり進化しました。

そこからはドンドン学んで実践の繰り返し。
学んだ事が実践で活かせてた時は、超絶気持ちいいです。
脳内ドーパミンがドバドバあふれまくってます。

そして、得た知見をさらに発展させ、
知恵とし、
商売に繁栄させてまた稼ぐ。

そりゃあ格差生まれますわ、
賢い人間は勝つべくして買ってるんだわ、
ずる過ぎだろ…って感じです。

起業の世界には、
元ニートや不登校、
中卒社長なんて人もゴロゴロいます。

そんな人がクッソ稼いでたりします、
それこそ年収1億円とか。

かなり前、
招待生のバーに行った時も、

え?こいつが?ただの酔っぱらいやんけ
みたいなおっさんが、実は

・某アイドルグループの仕掛け人
・名前を言ったら驚くであろう過去大人気だったテレビのプロデュース
・今のビジネス界隈の最先端を行く人の裏情報を知ってる

みたいなおじさんと出会いました。

その辺の根暗っぽいルックスのお兄さんが、
実は裏で自動で月100万とか普通に稼いでたりとか。

んで、実際に話してみると、
冴えないおじさんも、
ぼーっとしたお兄さんも、

目力とか雰囲気とかが一気に変わって、
さっきの間抜け面どこ行った?
と、突っ込みたくなるくらい豹変します。

まじか、かっけえ、すげえ

バカ丸出しの感想ですが、
本当にこんな感じです。

俺もこの人たちみたいになりたい、
もっと知識つけて、カッケー人間になって、
心の底から湧き溢れてくる自信を手に入れたい。

しかも僕の常識では考えられないことに
「いや~俺らなんてまだひよっこだぜ、もっとがんばらねーとな。」
「お前ももっと勉強しろよ」

とか、平気で言ってくることです。

失礼な話、
見た目ザコそうなのに、
常に上を見てるというか、とにかくカッコいい人間ばかりでした。

こりゃあ格差社会になるのも仕方ないわな

こればかりは仕方ないです。
格差社会はダメと世間では叫ばれますが、
これはどうしようもない。出てしまう。

俺もルックス微妙なにーさんになりてえ、
おっさんになりてえ!となりまして、
勉強しました。

学んでて思うのは、
世の中の人々は、
自分を平均以上の実力だと思ってる人が多いという事です。

これって全然客観的じゃないんですよね、
俺はこの中では優れてるな、
みたいなやつです。

これは、実験データがすでに出てるそうです。
ですが、この状態だと成長できません。

「自分は賢いと思っていますか、バカだと思ってますか?」
「学んでるテーマについて突然振られて、30分プレゼンできますか?」

どう答えますか?
もしできないなら、忘れてるという事です。

それにいくら本を読んだりして知識を得ても、
活かし方が分からないと、
やる気も出ないですよね。

人間と言うのは不思議なもので、
目的意識が無いと、現実的に成長しにくい生き物なのです。

結論、どうすれば退屈な人生を抜け出せるの?

じゃあ何学べば良いねん、具体的に教えろや
となってると思います。

結論から言うと、
商売、ビジネスを学びましょう。
さらに言うと、インターネットを使った商売です。

おしゃれな家でバカンスを楽しみながらでも、
家でこそこそパソコンを打ちながらでも、
どんなライフスタイルでも稼げます。

僕は、就職した事がありません。
バイトしかしたことないです。

ですけど、稼げているという現実があります。

ビジネスを始めたころには、
文章も書けませんでした。

昔のビジネスの先生には

「ダイチ君の場合はどうやって指導しようか、毎回悩まされましたよ」
「え、そんなにひどかったですか、すみません…」
「いやいやそんな事はないけどね…」

と言う感じで、
スカイプ通話の空気が一瞬重くなるくらいには、
下手な文章を書いてました。

自信がねえ、退屈すぎてつまんね、
と言う人は、ぜひインターネットビジネスを学びましょう。

本来はラーメン屋とかでも良いのですが、
最初にミスると数百万、数千万の借金を背負います。
ネットなら月に5千円とかの維持費で起業出来て、コスパ最強です。

なので、まずはネットで利益を上げて、
余裕があるならオフラインもやってみたら良いのではないかと思ってます。

ちなみになんですが、
ネットで利益が埋めるようになると、
オフラインのビジネスも超絶上手くなります。

僕が以前、ちょこっと教えてた元不登校の高校生は、
月に100万稼いで今は歯医者のコンサルしてるらしいです。

ただの高校生が、
今やネットで利益を上げて企業相手に商売をしてるのです。

ひと昔前の価値観ではありえないことが、
今、起こっているのです。

僕はまだ21歳です。
僕が会ってきた人だと

22歳で月190万とか、
19歳で月100万とか、
25歳で月3000万とかいます。

今の世界は平等です、
みなに、平等に機会が与えられています。

メルマガでは、もっと詳しい話をしてます。
https://daibrary.com/colorful/meru

他の記事やYouTubeもぜひみてください。
難しい話はほとんどしておりません。

---------------------------------------------------------------------

 

僕は20歳にして月収100万、最大では120万ほどを稼ぎました。

そして現在では、自動で入ってくる収入が30万~50万ほどあります。

 

こんな事を言うと怪しいですよね。

お前は才能があったからできたんじゃねーの?とも言われます。

ですが、僕はもともとビジネスが超絶上手かったわけでもなければ、

人と話すのが得意だったわけでも、

ましてや文章を書くのが得意だったわけでもありません。

 

そんな僕でも、稼いでみたら自信ついたし、

人の目を見て話せるほどにはなりました(昔は人の目を見れませんでした)。

また、ある理由で不登校で家に引きこもってニート生活をしてましたが、

改善しました。

プライベートが昔と比べると驚くほど充実しています。

 

このように書くと「異世界だな~」と思うかもしれませんが、

結局全て「慣れただけ」なんですよね。

 

どんな人でも慣れたら稼げますし、

学んでいけば自信を得る事も退屈な人生から脱却する事も出来ます。

 

僕ダイチがビジネスに慣れて、不登校でニート生活をしていたところから

どうやって稼げるようになったのかを下記記事では公開しています。

 

ダメダメ人生を逆転させた僕ダイチの理念はこちらから

 

---------------------------------------------------------------------

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です