移動と言うコストと、ネットで商圏を作る方法

こんにちは、ダイチです。

先日、夜飯どこで食べようか悩んだんですよ。
ちょっと歩くのめんどくさくて…

んで、結局一番近いコンビニに行って、
焼肉弁当とファンタグレープを買ったわけなんですけど、
「なんで僕はコンビニへ行ったのか?」
分析してみました。

結論から言うと、
「一番近かったから」
です。もっと言うと

「最短距離=移動コストが一番低かったから」
ですね。

手軽って、実はビジネスをやるうえで大事な概念で、
先日の僕にとっては、

・移動するのがめんどくさい(コストが大きい)
・一番近くのコンビニ行くか~(一番コストがかからない場所)

という理由で、コンビニがベストな選択肢となったわけです。

例えばネットだと、この移動のコストが限りなく0に近いです。

なぜなら、2クリック3クリックで、
自分の欲しい情報にすぐにアクセスできるからですね。

という事はですよ、
お客さんは簡単に別の情報に浮気できるという事です。

良く

・何を言ってるかではなく、誰が言ってるか

という発言を見かけると思いますが、
こういうところに理由があります。

つまり、今の時代情報が溢れてるので、
信頼できる人の情報を見たほうが、
コストがかからないし都合が良いんですよ。

どこかで食べたいけど歩くのめんどいし、
一番近くのコンビニでいいか~
って感覚と同じです。

リアルビジネスだと歩くというコストがかかる以上、
住宅地に近いお店が儲かるのは当然で、
割と商圏が守られやすいです。

しかし、ネットだとそうはいかない。
商圏がほぼない状態なわけです。

そんなネットで商圏を作るためには、
僕にとってのコンビニになるためには、
「誰」になる必要があります。

そのために”ブランディング”という概念があるわけですね。

ブランディング出来てますか?
誰になれてますか?

この視点が無いと、
この先さらに厳しくなっていくと思います。

お客さんが自分からほかの人に浮気しないよう、
「誰」を明確化し、
自分の元へコストを感じず人が流れてくる仕組み作りを行っていきましょう。

今日は以上です。

 

追伸

 

分析結果のコメント、お待ちしております。
議論しましょう、僕も楽しいのでw

 

追伸2

 

誰を意識出来たら、
次はタイトルや文章で興味付けを行いましょう。

興味づけ=看板

だと思ってください。
看板があるお見せだけが、お客さんに利用してもらえます。
これをネットでやるとどうなるか?

こちらも分析して、
結果はコメント欄でアウトプットして下さい。
全部見てます。

---------------------------------------------------------------------

 

僕は20歳にして月収100万、最大では120万ほどを稼ぎました。

そして現在では、自動で入ってくる収入が30万~50万ほどあります。

 

こんな事を言うと怪しいですよね。

お前は才能があったからできたんじゃねーの?とも言われます。

ですが、僕はもともとビジネスが超絶上手かったわけでもなければ、

人と話すのが得意だったわけでも、

ましてや文章を書くのが得意だったわけでもありません。

 

そんな僕でも、稼いでみたら自信ついたし、

人の目を見て話せるほどにはなりました(昔は人の目を見れませんでした)。

また、ある理由で不登校で家に引きこもってニート生活をしてましたが、

改善しました。

プライベートが昔と比べると驚くほど充実しています。

 

このように書くと「異世界だな~」と思うかもしれませんが、

結局全て「慣れただけ」なんですよね。

 

どんな人でも慣れたら稼げますし、

学んでいけば自信を得る事も退屈な人生から脱却する事も出来ます。

 

僕ダイチがビジネスに慣れて、不登校でニート生活をしていたところから

どうやって稼げるようになったのかを下記記事では公開しています。

 

ダメダメ人生を逆転させた僕ダイチの理念はこちらから

 

---------------------------------------------------------------------

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です