スターが生まれない理由と個人がネットで勝てる時代

こんにちは、ダイチです。
今日はですね、

「なぜ個人がネットで勝てるのか」

というのを具体的に話して行こうかなあと思います。

あなたはスターと言えば、どんな人を思い浮かべますかね?
テレビと言えば

長嶋茂雄さん、
木村拓哉さん、
錦野 旦さん、

他にもたくさんいらっしゃいますね。

例えば今の時代Youtuberが人気なので、Youtuberと言えば

ヒカキンさん、
はじめしゃちょーさん

このあたりでしょうか。

なぜ彼らがいわゆる「スター」と呼ばれるのでしょうか?

実は、これらは「ニーズ」という言葉をひも解いていくと理解できます。

昔は、メディアと言えばテレビが主流でした。
なので、お茶の間で話題になるのは、いつもテレビに出てくる人たち。
彼ら彼女らがいわゆる「スター」と言われる存在でした。

時は立ち、Youtubeが有名になる頃。
まだ目立ったYoutuberがいない時代にヒカキンさんやはじめしゃちょーさんが出てきて、

他に目立つYoutuberがいなかったこともあり、
彼らがスターになっていきました。

ですが、今はどうでしょう?

もちろん皆さん人気ではありますが、昔のようないわゆる
「スター」
と言えるほど、熱烈な人気を持っているかというと、そうではない気がします。

理由は一つ、人々の関心が多岐にわたってるからです。

今は

・テレビ
・Youtube
・Abema TV
・Netflix

等、コンテンツを配信しているサービスは多岐にわたります。
そしたらもちろん、僕たちも色々なコンテンツに触れる事になります。

つまり、ニーズが細分化しているわけですね。
だからこそ、たくさんの人気者がそれぞれの世界にいます。
実はこれ、僕たちにとってはチャンスなのです。

多岐にわたるコンテンツがあるという事は、ライバルが多いように感じますが、
裏を返せば

「お客さんは様々なコンテンツを日々求めていて、一つに固執していない」

という事になります。

なので、僕たちはそんなお客さんに対して少しでも
「あ、この人面白いな」
と思われたら、ファンを増やす事が簡単に出来るのです。

興味を持ってもらえたら後は簡単ですね、
面白いメルマガを日々読んで貰い、
欲しいと思ってくれたら商品を購入してくれる。

結果的に稼げてしまうわけです。

ネット上に広がる様々なマーケットの、一部のお客さんだけを
自分のお客さんにすることが出来ればOK。
こう考えると、割とビジネスって単純だと思いませんかね?

ひと昔前なら、僕たちはスターにならなければいけませんでした。

一つの高倍率の狭き門を潜り抜け、
精鋭のライバルを薙ぎ払い押し倒し、いばらの道を突き進み、
生き残った一部の人間だけがスターとなり稼ぐ時代。

しかし、現代であれば、
いつでもどこでもメディアで発信が可能ですし、
どこでも自分の発信を見てもらう事が出来る。

こんなにネットが発達した時代で、
稼ぎやすくなった時代で、
発信をしないのはかな~り機会損失をしているわけです。

簡単な話、人が見てくれるような面白いコンテンツさえ作れてしまえば、
稼げてしまいます。

なら、面白いコンテンツを見てもらったお客さんが、
自動で商品を買ってくれる仕組みを作れたらどうなると思いますか?

答えは…自動収益の完成ですね。

せっかく過去最高に稼ぎやすい時代が来ているのですから、
時代の波に乗らないのはもったいないです!

コンテンツを作り、自分のお客さんになるであろう人に見てもらって、
ドンドン稼げる仕組み作りを一緒にしていきましょう!

---------------------------------------------------------------------

 

僕は20歳にして月収100万、最大では120万ほどを稼ぎました。

そして現在では、自動で入ってくる収入が30万~50万ほどあります。

 

こんな事を言うと怪しいですよね。

お前は才能があったからできたんじゃねーの?とも言われます。

ですが、僕はもともとビジネスが超絶上手かったわけでもなければ、

人と話すのが得意だったわけでも、

ましてや文章を書くのが得意だったわけでもありません。

 

そんな僕でも、稼いでみたら自信ついたし、

人の目を見て話せるほどにはなりました(昔は人の目を見れませんでした)。

また、ある理由で不登校で家に引きこもってニート生活をしてましたが、

改善しました。

プライベートが昔と比べると驚くほど充実しています。

 

このように書くと「異世界だな~」と思うかもしれませんが、

結局全て「慣れただけ」なんですよね。

 

どんな人でも慣れたら稼げますし、

学んでいけば自信を得る事も退屈な人生から脱却する事も出来ます。

 

僕ダイチがビジネスに慣れて、不登校でニート生活をしていたところから

どうやって稼げるようになったのかを下記記事では公開しています。

 

ダメダメ人生を逆転させた僕ダイチの理念はこちらから

 

---------------------------------------------------------------------

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です